コンペイトウブルーの明日

自律神経失調症になってしまった私の他愛のない毎日

行ってきた!~ディズニープリンセスとアナと雪の女王展 ほか

こんばんは!紫陽です。

やっとこさ、ひと段落ついたので、ブログ更新です。

 

今週末は、なんだか芸術まみれでした(*'ω'*)

昨日は、県美にディズニープリンセスアナと雪の女王展を観に行ってきました!

白雪姫から始まったウォルトディズニーによるプリンセスもののアニメーションも、今やミュージカルや実写映画になってしまうくらい広まっています。

男女問わず、人生で一度は見たことがあるよっていう人は多いのではないでしょうか。

かく言う私も、母親の影響でディズニーアニメーションで育ったクチなので、相方から「お決まりのタイミングで王子様が助けに来るなんて、ご都合主義なこって……」と言われても未だに新作アニメーションが日本公開されると映画館に行きたくなります。

(ちなみに、相方は『ラプンツェルは自分で闘ってるからOK!』とのこと)

そんな私は、どの作品も好きですが、幼いころから母に「うちの三姉弟はディズニーのお姫様で例えるとね、……」といつも言い聞かされていたせいか、「美女と野獣」のベルに対しては少し思い入れがあったりしますし、姉と妹として描かれている「アナと雪の女王」のエルサに対してもなんとなく共感する部分があります(しかし、一番好きなのはジャスミンです、セクシーですよね)。

 

そんな私にとって、今回の企画展はとても楽しいものでした。

上映の際に使われていたポスターとか、制作のために作られたドレスとかイメージ画にフィギュア?、そして、制作秘話の映像、どれを取っても、驚きの連発でした。

ラプンツェル」はディズニー初の3Dアニメーションということもあって、メイキングを制作秘話映像で流してあったのも感動しちゃいました。セル画時代が好きだった身としては複雑だけど、あのラプンツェルの長い髪をうまく表現している3Dには感服してしまいました。

実写映画のドレスなんかも展示されていましたが、やはり、「シンデレラ」の青いドレスはやっぱり綺麗でしたヾ(≧▽≦)ノ

そして、物販コーナーはやはりといっても過言ではないくらい悩みに悩みましたし、帰りに物足りなくてアミュプラザ博多のディズニーストアに寄ってしまうくらいでした。

ひとまず、明日からの通勤は展示会限定と思われるCDをかけながら頑張ります!

 

そして、本日は、北九州市立美術館分館にて「10万年の寝言」という演劇を観てきました!

こちらは、今回で5回目、5年目になる企画なのですが、ある一つの美術品をテーマに演劇を行う、というもので、美術館の館内で上演ですからね、本当に驚きました。

今回は初の立体造形作品(作家:ヤノベケンジさん)ということで、作品のすぐそばで演劇が行われるし、蓋が開くし、観劇後に学芸員さんや作家さんによる解説があったりするし、間近で観れちゃうし、という素敵企画でした!(以前までの絵画では、絵画を別室で用意していたため、観劇後に移動して鑑賞するという流れだったそうです)。

前回まではどうだったのかわかりませんが、今回はオムニバス形式で三人の作家さんがそれぞれキーワードを割り当てられてお話を書き下ろす感じだったようです。

私は一番目の演目が好きでしたね。あの作品を前にして、なんか藤子不二雄手塚治虫を彷彿させるテイスト、たまらんです。普段とは違う感じで書いてみました、と解説で話されていたので、普段の作品を近いうちに見に行きたいと思いました。

今回で、一度小休止ということだったので、来年以降はどのような感じになるのかはまだはっきりしていないようですが、物販で今までの台本5回分を売っていると聞いて、相方はさっそく買っていたようです。

 

今週は、土日が二日ともお休みだったので、とても充実した休日を過ごすことができ、とても満足しています(*´ω`*)

仕事もだいぶ慣れてきて、今週から新しい仕事を少しずつ挑戦中です。また、ひと段落したら、そちらも記事にしたいと思っています。

そして、来週からは自分の発表会の準備を本格始動なので、もっと自分の芸を磨けるよう、精進したいです。

 

それでは、1週間後の予定が3日も遅れてしまい申し訳ありませんが、これにて今回は失礼したいと思います!皆さんにとって良い一週間になりますように!

おやすみなさい☆ミ