コンペイトウブルーの明日

自律神経失調症になってしまった私の他愛のない毎日

1週間は長そうだな、と感じた1日

こんばんは、紫陽です。
 
週末は久しぶりにゆっくり過ごすことができ、夜は映画館で見たかった映画のDVDを見ることができました。
映画の感想はまた後日に回したいと思います。
 
さて、とうとう相方が熊本へ被災支援に派遣されることになりました。
相方は、地方公務員(県職員の事務方)なのですが、被災地・熊本の役所機能が停滞しているようで、職場から順番で数名ずつ派遣されているようです。
今回は、周りの同じくらいの役職の人はほとんど行ってしまっているし、結婚式も無事に終わりハネムーンまで少し期間があるから、お前行ってこい、ということだったそうです。
相方もさすがにいつかは行くだろうとは思っていたけど、唐突に3営業日前とかに言われるとは思っていなかったようで、土日はずっと「熊本の現状調べなきゃ……熊本行って何させられるんだろう……」とずっとうわごとのように言っていたのでかなり動揺もしていたのではないかと思います。
 
私もさすがに驚きはしましたが、食糧支援や入浴支援など、自衛隊からの支援も修了するという話だったので、もっと事務的なお手伝いをするために派遣されるんじゃないかな、とは想像していますが、またいつ地震がやってくるかわからない状況でもあるので、まぁ元気に帰ってきてくれたら問題ないから無事を祈るのみだなと腹をくくることにしました。
私は相方から見ると、外見は幼くロリっぽく見えるけど、中身はおっさんということだったので、きっとしぶとく、そしてふてぶてしく、1週間を乗り越えられると信じたいです。
 
今夜、相方が帰宅したら、荷造りを完成させて、スケジュールの確認です。
どんな職務に就くのかは問題なければ聞いてみたいとは思います(危険な作業だったらやっぱり怖いですから)。
派遣期間は一週間。
私にとっては短いようで長い一週間になりそうです。