読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンペイトウブルーの明日

自律神経失調症になってしまった私の他愛のない毎日

我が家の"家庭の事情" その2

今日のできごと 自己紹介
こんばんは、紫陽です。

今日は、連日の動悸でバテたみたいで身体が動かなくなったので、1日休むことにしました。
動悸は治まりましたが、身体が怠いです。

さて、そんな今夜は、我が家の"家庭の事情"の第2弾。

・母のハミングは年代物
今日、1日家にいて再認識したことなのですが、母のハミングは年代物のアニメソングの比率が高いことがわかりました。
巨人の星、エースをねらえ、アタックNo.1など懐かしのアニソンを今日何度聞いたことだろう。
母のハミングの幅の広さには、脱帽です。

・母はメカ音痴
これがまたかわいいアニメキャラなら許されるのですが、40〜50代のオバハンなので、ちょっと手に負えない時があるのですが、母は機械の扱いが本当に苦手です。
パソコンは触りもしないし、携帯はガラケー。エアコンのリモコン操作も怪しいし、使える家電は洗濯機と炊飯器と冷蔵庫とテレビくらい……だと思う。
大抵のものは父や私、弟が代わりに操作するのですが、父と母が2人暮らしになる日が少し気掛かりでもあります。

そんな母が、就職で実家を出た我が妹とLINEしたいと言い出したので、タブレット端末の使い方を教える予定です。
出来の良い生徒であることを期待しています。

・我が家の笑いの神さま
最近、我が家に笑いがない。
妹が家を出てしまったからだと思うので、本当に寂しくて仕方ないです。
まぁ、そんなこと言ってたら、私が実家を出て、新居で生活し始めたら、どうやって婚約者帰ってくるまで過ごすんだって話ですよね……はぁ。

・アニメの変身シーンの必要性
実家でプリキュア見ていて思ったのですが、親がいつリビングに来るかわからない環境の中、変身シーンがあるのは正直物語が進まずじれったいことこの上ない。
そして、物語の上で疑問なのですが、変身シーンの間に攻撃されたらひとたまりのないはずなのに、敵は攻撃してこないですよね、あれ不思議です。
私が敵ならあのタイミング狙うのに。
変身シーンのあるアニメは、セーラームーンキューティーハニープリキュアなどそれなりに見てきましたが、やっぱり謎です。
それくらいなら、今日からBSプレミアムで再放送が始まったカードキャプターさくらみたいに変身シーンをしなくて物語が進む工夫があると親が現れても気まずくなくて済みそうです。

今夜はこのくらいで。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
素敵な夜になりますように。