読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンペイトウブルーの明日

自律神経失調症になってしまった私の他愛のない毎日

我が家の"家庭の事情" その1

自己紹介 集団生活
こんばんは、紫陽です。
今日は半日仕事してきました。
平日にちゃんと仕事回してくれない同僚(40代のおじさん)には流石にそろそろ苛立ちを覚え始めて久しいです。
締め切りに間に合うように仕事できなくて、昼休憩とってるなんて罪だ!と本気で心の中で叫びました。

さて、今日は我が家の"家庭の事情"をご紹介します。

・金曜日の夕飯はカレー
これは、別に祖父が海軍さんだったとか、父親がミリオタとかじゃなくて(私はミリオタですが)、食事を作ってくれる母が金曜日の夕方に仕事が入るようになってからの習慣なのです。
もうかれこれ15,6年は続いていて、毎週金曜日はカレー(もしくはシチューやハヤシライス)が確定しています。
いつも同じルーで同じ材料使ってるはずなのに、味が違います。
隠し味も同じなのに不思議だね、と兄弟3人揃ったらよく口々に言いました。
今でも金曜日はカレーなので、他の曜日でカレーを食べるのはある意味御法度(1週間のうちに同じメニューが被るのが嫌だから)。
会社のお弁当屋さんのお弁当でカレールーが入っている時の絶望感、お分りいただけるでしょうか……。

・母親は炭酸中毒
アル中じゃなくて本当に良かったとは思うのですが、ウチの母親は炭酸ジュースの在庫を抱えています。
仕事から帰ってきたら炭酸。朝起きて落ち着いたら炭酸。眠たくなったら炭酸。夜ご飯の準備終わったら炭酸。お風呂上がりにも炭酸。気づいたら炭酸。
たまに出る一言は「炭酸切れた…手が震えてきたから飲まなきゃな」なのですが、飲んでるものが炭酸なだけで、やってることはアル中とそうさして変わらないんじゃないだろうかも心配になることがあります。
その様子は「だがしかし」のほたるちゃんやヨウさんがビンラムネをまるで危ない薬のように中毒性をもって吸っているシーンがあるのですが、それを思い出すレベルです。
誰だ、ウチのオカンに最初に炭酸飲ませたやつは……(´-ω-`)

・父親はサスペンスや刑事物など殺人が起きるドラマが好き
ウチの父親は、休みになると撮り溜めしていたドラマや映画を見ている、これはよくある風景だと思うのですが、何故だか内容はいつも誰かが死ぬ内容。
サスペンスやミステリー、スパイ物に殺戮物など幅広く人が死ぬ作品を見ています。
日常が単調すぎて、休日にスリルを求めてるのかもしれませんが、私が小学生くらいの頃から続く趣味?なので、正直なところ、教育衛生上はあまりよろしくなかったと思います。
おかげで、刑事物くらいは平気ですが、バトロワとか見れません。藤原君出てるのに……くそ。(紫陽は藤原竜也さんの大ファンです)
ちなみに、何の関連があるのか知りませんが、母方の祖母もミステリーや刑事物が好きで、幼稚園や小学生の頃に預けられた日は必ず一緒に見ていました。
はぐれ刑事純情派藤田まことさんの名演技、いい父親像っていうのは今でも忘れられませんが、小さい頃からサスペンスで育つとちょっといろんな意味で捻くれますよね、多分。

さて、今日思い出したのはこのくらいですが、またネタっぽい事実を思い出したら書いていきますね。
今夜もお付き合いいただき、ありがとうございました。
今夜も素敵な夜になりますように。