読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンペイトウブルーの明日

自律神経失調症になってしまった私の他愛のない毎日

にじげん と さんじげん

アニメ・漫画
ご無沙汰しております、紫陽です。

ネタが思い浮かばず、筆も進まなかったので2日放置してしまいました……
とは言い訳で、今年の春から社会人になる妹の転居作業のため実家を追放され、myPCに触れられなかったため、書くの渋りました。
スマホのアプリも入れたのですが、ポチポチするのってちょっと面倒で時間がかかるので苦手です。
土日の更新には、やはりPCを使いたいものです。

さて、今日は前回記事を書きながら頭の片隅で発生した疑問について。

前回の「私と2次元」では、私は2次元のことを平面のことではなく小説マンガアニメなどの創作物と定義しました。

しかし、すっごいしょうもないかもしれないのですが、疑問が沸々と沸きました。

アニメやマンガのキャラクターのフィギュアとかプラモデルとかって2次元なの?それとも3次元?

私が2次元を創作物のキャラクターたちに焦点を当てたことによって、対義語?である3次元はリアルなものが対象ということになってしまいます。

そこでそれぞれを検討することにしてみました。

創作物のキャラクター自体は2次元ですし、紙の中では物理学的にも平面なので二次元です。
これは物理で赤点取った経験のある私でもなんとなーく理解出来ます。

さて、では、フィギュアやプラモデルはというと、立体なので三次元です。
それでもって、実際に存在する動物や乗り物などのフィギュアやプラモデルは三次元で3次元、ていうことで問題ないかと思うのです。
もちろん、創作物のキャラクターを模していたとしても、立体である以上、それは三次元でしょう。

しかし、3次元ではないと思うのです。
何故なら、三次元であってもそれはリアルではないから。
なんかこう、バーチャル的な何かにも似たものを感じます。

にじげん と さんじげん
読みだけ見たら平面か立体かの差だけのように感じますが、サブカルチャーの要素を混ぜるとわっけわかんない状況が出来上がります。

結局のところ、今回の命題は四つの解がある、というのが落とし所なのでしょうか。

論理的な思考に長けていないので、こういう疑問が湧いても、自己解決しなくて実はまだ、正しい回答が見つからないのでお詳しい方、ご教示願います。