コンペイトウブルーの明日

自律神経失調症になってしまった私の他愛のない毎日

私と愛車

こんばんは、紫陽です。

今日は私とともに過ごして3年目になる愛車の話です。

私は元々、大型の特殊車輌や飛行機、船舶・艦船などの姿を見るのもエンジン音を聞くのも大好きな人間でした。
轟音がお腹で震えるあの感覚、見上げてもなお余る巨体。うむ、たまらん!
鉄道で言うところの撮り鉄、聞き鉄みたいな感じです。
自衛隊関連のイベントでは、制服や作業着姿の隊員さんへの質問も、制服フェチも相俟って重要な意味を持つのですが、まぁ、それは些細なことですね。
とりあえず、150㎝に満たないチビからすれば、大きいものはすべてカッコ良いのです。

しかし、まぁ、そんな憧ればかりは一丁前の私ですが、空間認知能力はすこぶる悪く、狭い路地を歩こうとして覗き込んで見て「大丈夫、すり抜けられる。」と自信満々で思って通った道でつっかえたり、頭ぶつけたりしてしまうという体たらく。
よって、仕事で車が入用になるとなった時、なるべく小さく小回りが利く軽の中の軽を選び、挙句の果てにはぶつけないようにセンサーまで付ける始末。

しかし、そうは言っても愛車を決めた時のあの感覚は正に一目惚れでした。
最初は、婚約者が通勤で使っていたダイハツのムーブにしよう!と思って行ったダイハツのお店で出会ったミライース
特別配合の赤い塗装。この車種だけのエンブレム。可愛らしい顔にお尻。
惚れ込んで選んだだけに、思い入れも大きく、ボディは小さくても可愛い私の愛車なのです。

乗り始めて3ヶ月で衝突事故に遭い、可愛い愛車のボディだけでなく私の心身にも多大な影響を与えました。
左前方が大きく抉れる大怪我をした愛車はお金も時間もかけて修理し、私もむち打ちになった部分を約半年治療しました。
未だに天気が悪かったり気温が低かったりするとむち打ちした箇所が痛むこともあって完治ではないんだなぁとつくづく思うのです。
それでもって、愛車ボロボロで精神的ダメージ半端なかったのに、仕事がまともにできない上司が何度も連絡して要請するから、身体しんどくて寝ていたいのに交通機関無理矢理使って出勤させられダメな上司のミスの尻拭いをさせられながら、保険屋と責任割合や治療費云々で面倒なやり取りをさせられて、精神的にも参ってしまってましたね。

その後、1年数ヶ月後に大型トラックを避けるために壁際に寄った際に、寄りすぎて側面をガリガリっと擦って凹ませます。この時も板金屋さんに数日お世話になりました。

そして、つい先日。
悪天候故に左後方をポールにぶつけるという……私の空間認知能力の低さ、本当に最悪だ。
実はこの日の昼間、給油の時に、ホイールの汚れが目立つのと車体が日焼けしかけてるからガラスコーティングどう?って馴染みのスタンドの工場の作業員さんから勧められちょっと悩みました。
躊躇った理由は値段が予想より高かったことだったのですが、色んな苦楽を共に過ごした相棒でもある大切な愛車なので、あと5年10年は乗っていたい。
だから、日焼けやキズ・汚れ防止のコーティングをすれば長く綺麗に乗り続けられるなら、少し高くても自分の給料から出しても良いかな、とかついつい思っちゃうのですが、結婚して財布を婚約者と共有するようになったらこんなにお金出させてもらえなくなるのかもなぁと。
こういう時に、クルマやバイクが趣味の世の旦那さんたちの悩みがほんのちょっぴり分かるような気がします。

さて、直近のぶつけた時のキズは、馴染みのスタンドの作業員さんにぶつけた時についたポールの塗装を拭き取ってもらったら、そんなに付いていない、目立たない程度だということがわかりました。
しかしまぁ、こんだけ散々ぶつけたり擦ったりしている私が愛車にガラスコーティングをするのが果たして良策なのか、見合う金額なのかは今夜婚約者と少し相談したいものです。

では、今夜はこの辺で。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
皆さまが素敵な夜を過ごされますように。